フィリップス ノンフライヤーで楽しくヘルシーにおうちご飯!

お家時間

間もなく、長かった外出自粛期間も条件付きで終わりそうですが、まだまだお家で過ごす時間はありそうですね。

お家で過ごすということは、お家ご飯の回数も多くなります。

家族みんなでお料理を楽しむ、お家ご飯を楽しむアイテムの1つとして、我が家で大活躍をしている、フィリップスの『ノンフライヤー』をご紹介します☆

放置プレーで料理が楽になる上、ヘルシーですよ!

フィリップス ノンフライヤーの特徴

〇外寸  (約)幅28.7センチ×高さ31.5センチ×奥行38.4センチ

〇重さ  約5.8㎏

〇カラー  レッド・ブラック

〇電圧  AC100V 50/60Hz

〇消費電力  1425W

〇付属品(品番HD9531/62レッド) 本体・バスケットパン・バスケット・バスケット内のクッキングネット・バスケットカバー・ダブルレイヤー・取扱説明書・レシピブック

フィリップス ノンフライヤーの使い方

フィリップス ノンフライヤーの使い方は、至って簡単です♪

バスケットをバスケットパンに入れて、調理したいものを入れ、本体にセットし、温度とタイマーもセットしたらスイッチオン。

これだけです。

後述しますが、食材によっては、途中で出して軽く振るなどの作業が必要なものもあります。

アラームが鳴って、中を確認しOKだったら中身を取り出して、調理完了♪

バスケットが冷めたら、洗って全て完了です。

中に放置したまま他の作業ができるので、効率よく食事の準備ができます!

フィリップス ノンフライヤーにおすすめの食材と調理方法

冷凍フライドポテト

まずは、フィリップスといえば!の、冷凍フライドポテトです。

特に子どものお昼ご飯がいるこの時期、この冷凍フライドポテトは重宝しています。

まず、200度6分で余熱 → アラームが鳴ったら、冷凍フライドポテトをガサガサとバスケットに入れる。大体ひとつかみ半くらい。200度で6分 → アラームが鳴ったら一度取り出して軽く振って本体に戻す。更に200度で6~8分 → アラームが鳴ったらお皿に取り出して、塩を振って完成☆

油で揚げたものよりもヘルシーですが、ノンフライヤーで調理した冷凍フライドポテトは、冷めてから長い時間置いておくと、クニャクニャになってしまいます。油で揚げたものより、クニャクニャ感が大きいです。

食べられる分だけ調理した方がおいしくいただけます。

また、サクサクした感じは出ますが、油で揚げた方が、フライドポテトという感じがします。似たような感じにはなりますが、全く同じ感じではありません。

ただ、油っこさがないので、ノンフライヤー調理の方が胃もたれがなく、たくさん食べられます♪

ノンフライヤーでは、生のジャガイモでも、調理できます。

生のジャガイモは、油をまぶしても、ベイクドポテトのようになります。お好みですが、我が家の息子はフライドポテトの感じの方が好きなようで、生ジャガイモをフライドポテトとして調理することはあまりありません。

ヘルシー度は、低い方から、油で揚げた冷凍フライドポテト → ノンフライヤー調理の冷凍フライドポテト → ノンフライヤー調理の生ジャガイモ という感じでしょうか(#^^#)

かた焼きそば

疲れた日の夜ご飯には、フィリップス ノンフライヤーでかた焼きそば!

まず、ノンフライヤーを180度・5分で余熱開始 → その間に市販の焼きそば麺を人数分700Wで約2分レンチン → ノンフライヤーのアラームが鳴ったら、ほぐした麺をバスケットに入れる。1.5~2人分くらいまでは1回にできます → 180度・5分 → アラームが鳴ったら、麺をひっくり返す → 180度・2分 → 取り出して、残りの麺を入れる → 繰り返す

カリカリ麺ができあがりです。 これにお好きな中華あんをかけます。 時間のないランチや、どうしても疲れすぎている!?夜ご飯は、市販の冷凍中華丼のあんでもおいしいです。

フライパンで麺を焼いて作ることもありますが、ノンフライヤー調理の方がカリカリ感が増して食感もよく、油を使わないのでヘルシーです。

火を使わないため放置できるのも助かります!

来客時に! ナチョス

フィリップス ノンフライヤー調理のナチョスは、来客時に私がよく使うレシピです。

前日や、早い段階でタコミートやサルサなどを用意しておきます。

まず、200度・5分でフィリップス ノンフライヤーを余熱 → バスケットにオーブンシートを敷き、トルティーヤチップスをガサガサ入れ、サルサを好きなだけかけ、ピザ用チーズを好きなだけ乗せる → 200度・5分 → 取り出して、ガカモレ・サワークリーム・タコミートなど好きなものを乗せて、ササっと一品♪

後乗せするものは、別皿でセルフサービスにしておいて、焼けたものだけ大皿に乗せるようにしておくともっと時短です。

ちなみに、少し湿気てしまったトルティーヤでも、ノンフライヤーで温めるとカリカリが復活します。

来客時は、オーブンやレンジもフルで使いたいため、ノンフライヤーで放置できるのは、効率がいいと思います☆

2品同時も可能!

このフィリップス ノンフライヤーのすごいところは、2品同時調理ができるところです!! 2品放置で完成って魅力的ですよね。

2品同時進行には、このダブルレイヤーを使用します。

これで上下調理ができます。

例えば、下の段でホットサラダ(^^♪

200度で5分余熱 → かぼちゃやニンジン、ジャガイモなど好きな野菜を入れて、200度で7分 → 火が通っているのを確認して取り出す → オリーブオイル・酢・塩で味付けして完成!

このホットサラダの上で、先ほどのナチョスが作れてしまいます。

途中でナチョスを先に取り出しますが、お皿に盛りつけたりしているうちに、ホットサラダも完成します。

放置で2品!!

まだまだ活用レシピはたくさんありますが、長~くなってしまうので、このへんで・・・

オーブンでできる料理は基本的に何でもできます。

フィリップス ノンフライヤーを買った最大の理由は ドライフルーツ!!

このフィリップス ノンフライヤーでは、ドライフルーツもできてしまいます!!

まず、100度で5分余熱 → 薄くスライスしたフルーツの水気を軽くふき、バスケットに入れて蓋をして100度で30分 → 重なっている部分をずらし、更に100度・30分 → 重なっていなければそのまま100度・1時間  → 網に乗せて15分冷却

今まで、リンゴ・デラウェア・ミニトマトで作っていますが、どれもおいしかったです。 特にお気に入りは、デラウェアの自家製レーズンです♪

そのレーズンを使ってパンやクッキーも・・・と考えていたのですが、息子にあっという間に食べられてしまったので、この秋に再チャレンジします!

今回は、リンゴと甘夏で。

リンゴは、かなり薄くスライスして、リンゴチップス風にしてみました。

ついつい手が出てしまいます。

フィリップス ノンフライヤーのマイナスポイント

今まで、フィリップス ノンフライヤーの便利さを挙げてきましたが、私にとって唯一マイナスポイントがあります。

これは、誰にとってもマイナスポイントであるわけではなく、あくまでも私にとってです。

それは、肉を調理したときの『におい』です。

特に鶏肉のにおいがダメです・・・

豚肉や牛肉の薄切り肉の野菜巻きなどは、そこまで気にならないのですが、鶏肉だけは、焼いている最中の、あの油臭いにおいで気持ち悪くなってしまいます。

どんなに洗ってから使用しても、ダメだったので、私の嗅覚に合わないのだと思います。 油臭いにおいに敏感な方は注意が必要かもしれません。

それでもやっぱりフィリップス ノンフライヤーは便利で手放せない!

マイナスポイントも挙げましたが、それでもやはりフィリップス ノンフライヤーは便利すぎて手放せません!

オーブンがあれば不要という口コミもよく見ますが、特に食事の支度をしていると、レンジやオーブンを同時進行で他でも使いたくなることってありますよね。

そういった同時進行の問題を気にする必要がなく、しかも放置できるので、毎日の食事の支度に重宝すると思います!

お家ご飯が多くなるこの時期、ぜひ家電の仲間入りをさせてみてはいかがでしょうか?

コメント

  1. […] 前回ご紹介した、フィリップス ノンフライヤーに続いて、お家クッキングに便利なティファールのスティックミキサー【クリックアンドミックス】をご紹介します。 […]