ドクターエア 3Dマッサージシートでリフレッシュ! 自宅マッサージで快適おうち時間!

お家時間

快適お家時間第2弾は、前回ご紹介した『パナソニック エアーマッサージャー レッグリフレ』に続く、マッサージシリーズで、ドクターエア 3Dマッサージシートをご紹介します。

お家時間を快適に過ごす手段の1つとして、参考にしていただければ幸いです。

ドクターエア 3Dマッサージシートの特徴

ドクターエア 3Dマッサージシートの特徴を挙げていきます。

寸法  高さ約111㎝(マッサージ部分約70㎝)×幅約42㎝×奥行き約15.5㎝

重さ  約5.2㎏

原材料  ABS POM ポリプロピレン ポリウレタン PU スポンジ

電源  AC100Ⅴ 50/60Hz

カラーバリエーション  レッド・ブラック・ブラウン

たたき回数  約1100回/分

もみ回数  約30回/分

ヒーター温度  背面約30°C 座面約38°C

タイマー  約10分

付属品  緩衝シート・ヘッドレスト・ACアダプター・電源コード

使用目的  血行促進・疲労回復・筋肉の疲れやコリの緩和・神経痛や筋肉痛の緩和

(個人的に)ドクターエア 3Dマッサージシートをおすすめするポイント

なんといっても、その大きさ

ドクターエア 3Dマッサージシートの最大のメリットは、私はその大きさ(小ささ?)であると思います。

最高級のマッサージチェアをリビングの真ん中におけるのは、夢ではありますが、現実問題として、我が家では無理です・・・

大きな高級マッサージチェアをもし置いたら、私たちが隅っこで暮らさなければならなくなってしまいます。

その点、このドクターエア 3Dマッサージシートは場所をとらないので、リビングにあっても邪魔に思うことは全くありません。

持ち運びができる

もう1つ、このドクターエア 3Dマッサージシートのおすすめポイントとしては、持ち運びができる点が挙げられます。

普段は、リビングに専用の『リラックスチェア』に乗せて置いてあるのですが(後述します)、ダイニングでパソコンを使っていたら腰が痛くなってきたなどというときには、ダイニングチェアに移動させます。

少し高さを上げて、テレビを観ながら使いたいと思ったときには、リビングのソファーに、和室で使いたいときには座椅子に移動させたりもしています。

そのように、移動が簡単で、どこでも使えるという使い勝手のよさがメリットの1つです。

価格も魅力のひとつ

マッサージチェアの場合、大きさの問題もありますが、我が家にとって同じくらい大きな問題が、価格です。

子どもにもお金がかかる今、マッサージチェアにそんなにお金をかけている余裕はなく・・・

でも、40代も半ばになると肩も凝るし、腰も痛い・・・

そんな私たち夫婦に、このドクターエア 3Dマッサージシートの価格は魅力的でした♪

ドクターエア 3Dマッサージシートの使い心地

では、実際の使い心地はどうなのでしょうか。

インターネットで検索すると、様々なレビューがありますが、私個人的には、この価格・大きさでこれだけのマッサージをしてくれれば、充分満足です。

最初は、もみ玉が痛いと感じましたが、使い続けているうちに慣れてきたのか、コリがほぐれてきたのか、気持ちよく使用できるようになっています。

それでも仕事で長時間パソコンを使うことが何日も続いた後や、滅多にしない激しい運動をした後などは、う~・・・と声が出てしまうくらい痛いこともありますが(;^^)

肩甲骨の周りをぐるぐるともみ玉が動くのが、気持ちいいです。

5分ほどマッサージをしたところで、血行がよくなり、体も自然にポカポカと温まってくるのですが、冬場は特にヒーターを併用すると効果アップな感じがします。

入浴後、ヒーターを付けてマッサージをすると、本当に体がポカポカで、ぐっすり眠れます。

ヒーターなしでも、夏の疲れた体にもおすすめです!

レビューの中には、壊れやすいという口コミもありますが、幸い我が家のドクターエア 3Dマッサージシートは、数年経っても今のところ快調です。

ドクターエア 3Dマッサージシートと併用して使うと便利なグッズ

ドクターエア 3Dマッサージシート単体でも、充分使えますが、いっしょに使うと更に使いやすかったり、効果がアップするおすすめグッズをご紹介します。

まず、先述した、専用の『リラックスチェア』です。

組み立て式なのですが、組み立ては難しくなく、サイズがドクターエア 3Dマッサージシートにピッタリです。

椅子によっては、マッサージシートがずり落ちてきてしまうこともあるのですが、そういった点では、このリラックスチェアが一番使いやすいと思います。

コンパクトなので、場所もとりません。

座ると軽く揺れる感じがして、その揺れが心地よく感じます。

続いて、『ドクターエア マッサージピロー』です。

ドクターエア 3Dマッサージシートのヘッドレストを上に持ち上げて、元々ヘッドレストがあった部分に、くっつけて使っています。

腰から背中、マッサージピローで首まで同時にマッサージできます。

ただ、半ば強引につけているので、時間が経つとずり落ちてきます。

そのため、毎回位置調整が必要です。

これに、前回ご紹介した、『パナソニック エアマッサージャー レッグリフレ』までいっしょに使うと、至福の時が過ごせます♪

ドクターエア 3Dマッサージシートで快適なお家時間を!

やはりプロのマッサージを受けにいけるのが、一番の理想なのかもしれませんが、気軽にマッサージを受けに行けないこの時期、お家で手軽にマッサージはいかがですか?

この時期なのに外出しなくてはならないストレス、お家にいなくてはならないストレス、いろいろな方が様々なストレスを感じるときであると思います。

ストレスの軽減にぜひお試しください☆